HOME > 遊具の安全について > 安全に配置する

安全領域

遊具を安全に配置するには、「安全領域」を確保することが大切です。
「 安全領域」は、個々の遊具の「落下高さ」によって、遊具ごとに決められています。

安全領域と落下高さ

安全領域は、遊具の落下高さにより決められています。
落下高さが600mm以下の場合、遊具の外形からあらゆる方向に1500mm以上、600mmを超える場合は遊具の外形からあらゆる方向に1800mm以上確保します。
ただし、ブランコやすべり台など、個別に設定しているものもあります。
ブランコの揺れる方向へは「落下高さ+1500mm以上」、すべり台の降り口方向へは「外形端部から2000mm以上」の安全領域を確保しなければなりません。

子どもの動線

遊具の配置では、子どもの動線にも十分な配慮が必要です。
動線が不用意に交差するような配置は避けなければいけません。
特に幼児エリアと児童エリアの適切なエリア分けが望ましいです。


英国では境界柵を使用

安全領域の重複条件

各種遊具の安全領域の重複条件(JPFA-S:2008 引用)

遊具名称 安全領域の重複
ブランコ 運動方向の安全領域は、全領域が重複してはならない。
支柱側面方向の安全領域は、全領域が重複しても良い。
スプリング遊具
(着座型)
落下高さにかかわらず
全領域が重複しても良い。
シーソー 落下高さ600mm 以下の場合、
全領域が重複しても良い。
落下高さ600mm を超える場合、
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
回転遊具 全領域が重複してはならない。
すべり台 滑り降り口方向は、
全領域が重複してはならない。
その他の方向は
落下高さ600mm 以下の場合、
全領域が重複しても良い。
落下高さ600mm を超える場合、
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
ロープウェイ 滑走部の到達部側の運動方向は、
全領域が重複してはならない。
その他の方向は、
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
うんてい
クライマー
はん登棒
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
鉄 棒 握り棒前後方向は、
全領域が重複してはならない。
支柱側面方向は、
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
ジャングルジム 落下高さ600mm 以下の場合、
全領域が重複しても良い。
落下高さ600mm を超える場合、
最小値の1/2 領域まで重複しても良い。
複合系遊具 複合系遊具と隣接する遊具の安全領域が重
複する場合は、各遊具の重複条件に従うほ
か複合系遊具の規定に従う。

ページトップへ

プライバシーポリシーサイト利用についてサイトマップ

Copyright (C) 株式会社丸山製作所. All Rights Reserved.