HOME > 遊具の安全について > 安全を確かめる

点検とメンテナンス

マルヤマは、遊具の安全性を維持するために、専門技術者による定期的な点検を実施しています。点検作業は、(社)日本公園施設業協会作成の「遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008」に基づき行われます。

定期点検のおもな流れ

  1. 定期点検は、目視、あるいは測定器具を使用し、遊具の作動状況や損耗状況、変形の有無などの異常を調べます。

  2. 収集されたデータをもとに、公園施設製品安全管理士によって修繕の必要性や使用継続の可否が判断されます。

  3. さらに詳細なチェックが必要な場合は、精密点検を行います(オプション)。
    精密点検では、分解しての点検や肉厚測定器などの非破壊試験器を使った詳細な計測データを収集します。

  4. 健全であり規準適合の遊具には「点検済証シール」が貼られます。

  5. また、修繕を必要とする場合は、修繕費用の積算も行っています。

修繕工事

いたずらによる破損や、消耗品の交換補修など、より安全に使っていただくための修繕工事です。
※点検の結果、主要構造部に問題がない場合に限ります。

遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008

国土交通省の「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」を受け、遊具メーカーで構成される(社)日本公園施設業協会によって策定された規準です。
マルヤマでは、すべての製品の〈設計・製造・販売・施行・点検・修繕〉において、「遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008」に適合しています。

SPマークとSPLマーク

「SPマーク」は遊具について、「SPLマーク」はその他一般製品について、「遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008」に準拠して、〈設計・製造・販売・施行・点検・修繕〉ができることを示すマークです。
(社)日本公園施設業協会によって認定されます。
マルヤマは、「SPおよびSPL表示認定企業」に認定されて、すべてのマルヤマ製品には、「SPマーク」あるいは「SPLマーク」のついた製造表示ラベルが貼付されています。

ページトップへ

プライバシーポリシーサイト利用についてサイトマップ

Copyright (C) 株式会社丸山製作所. All Rights Reserved.